商品詳細

ミョウガは清涼感のある香りが特徴的な、薬味などに欠かせない食材です。名前の由来は、古名「妹香」が大陸から伝わり日本では「ジャウガ」呉音「ニャウガ」と発音されていたのが、転訛して「ミョウガ」になったという説が有力です。食べると物忘れがひどくなるという俗説がありますが、物忘れと関係のある成分は含まれていません。アルファ-ビスン(香成分)、食物繊維、窒素、カリウムなどが含まれます。

商品詳細

学名Zingiber mioga
分類ショウガ科ショウガ属
開花期9〜10月
高さ40〜100cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし(茎を収穫)〜成長
葉の茂っている状態〜開花(つぼみを収穫)
開花〜葉が枯れ始める
休眠(球根)

育て方

収穫のポイント夏の花の頃に、地際にできる花のつぼみを食用とします。細かく刻んで薬味として、蕎麦や冷奴のお供にします。また薄くスライスして油揚げなどと一緒に味噌汁の具にしても美味しい。春の芽だしの頃、茎も食用とします「ミョウガタケ」。卵とじや汁の実としてどうぞ。
ポイント栽培しやすい植物です。半日陰〜日陰でも丈夫に育つので、植え場所は特に選びません。地下茎で増えるので、区切って植えるか広い場所に植えると良いでしょう。
注意点栽培の注意点は特にありません。植えつけてから2〜3年で株が大きくなると、つぼみの収穫が出来るようになります。
用土あまり選びませんが、水もちの良い肥沃な用土の方が良く育ちます。