商品詳細

ぜんまいはポピュラーな山菜のひとつです。山菜ご飯や、山菜そば、お浸しなどに良く利用されます。日本全国の山野に生え、春先に綿毛に包まれたらせん状の芽を伸ばしてきたところを収穫します。葉が開くと羽状の黄緑色をしており、シェードガーデンや切花に使うと素敵です。

商品詳細

学名Osmunda japonica
分類ゼンマイ科ゼンマイ属
開花期-
高さ30〜80cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし(収穫時期)〜成長
葉の茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

収穫のポイントかならずあく抜きをしてからお召し上がりください。春に収穫したものをまずは綿毛をとり、熱湯で茹で、3日ほど天日干しにします。朝・夕手でよく揉み繊維をやわらかくし、「赤干しゼンマイ」が出来上がります。使うときは水洗いした後一晩水につけ、弱火で茹でて戻してから使います。重曹や灰汁を使ってアク抜きする場合には干さなくても食べられます。和え物や煮物、炊き込みご飯などのほか、おろしニンニク1:しょう油2:みりん2:水2を入れ煮詰め、韓国風のナムルにしても美味しい。
ポイント栽培は春先日が当たり夏場は半日陰になるような場所が適しているので、落葉樹の下などが最適です。庭の下草にするとちょうど良く育ちます。鉢植え、プランターの場合には夏場は半日陰で栽培してください。
注意点おいしい山菜ですが、食べ過ぎに注意してください。収穫は、木質塊状の根茎が大きくなってから行うと成長に影響しづらいので、根茎が小さいうちは収穫せずに、根茎が大きくなってから(5cm以上)行うとよいでしょう。
用土用土は水はけ良く、腐葉土をたくさん混ぜ込んだ土などが向きます。水は好みますので、表土が乾いたらたっぷりと、敷き藁などでマルチングをすると良く育ちます。