商品詳細

「松村草(マツムラソウ)」は、イワギリソウに似た細かい毛の生えた肉厚な葉が特徴的。秋にかけて、黄色い花を吊り下げます。石垣島、西表島に分布します。

商品詳細

学名Titanotrichum oldhami
分類イワタバコ科マツムラソウ属
開花期7〜10月
高さ15〜70cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。

育て方

ポイント 水は大変好みます。夏場の水枯れに注意しましょう。
水やり葉が日焼けしやすいので年間を通し、半日陰〜日陰で管理しましょう。栽培はしやすい植物です。増やし方は株分けや葉ざしで増やします。耐寒性が弱いので、寒冷地では冬場凍らない程度の室内などで保護しましょう。
肥料春と秋に液肥を施しましょう。1000〜2000倍程度に薄めた液肥を1週間〜10日に一度やります。夏場は肥料はやらないようにしましょう。
用土水はけの良い用土が適しています。おすすめは鹿沼土・軽石砂などの混合用土。