商品詳細

タニガワコンギクは、淡藤色の小さな花を咲かせる花で、葉や花が繊細で、シオンの仲間では早く咲くので、秋の寄せ植えや茶花などにもおすすめです。本州(紀伊半島)、四国、九州の川沿いの岩場に自生します。和名「センボンギク」

商品詳細

学名Aster microcephalus var.ripensis
分類キク科シオン属
開花期8〜10月
高さ20〜90cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
葉が茂っている状態
葉が茂っている状態〜開花
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 露地植えの場合は根付いてからは雨の降らない日が続くようならやる程度で大丈夫です。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期には鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
水やり栽培は容易で、日向〜半日陰程度で良く育ちます。株分けで容易に増やせます。
肥料春先に化成肥料か油かすなどの有機肥料をやりましょう。
用土用土は特に選びません。