商品詳細

「耳型天南星(ミミガタテンナンショウ)」は、ヒガンマムシグサの変種で、仏炎苞の開口部の下側が福耳のように大きく張り出していることからこの名前があります。葉が展開する前に花を咲かせます。
岩手県の太平洋側から関東地方および四国に分布します。

商品詳細

学名Arisaema undulatifolium var. ionostemma
分類サトイモ科テンナンショウ属
開花期4〜5月
高さ40〜80cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜葉が展開
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(植え替え適期)

育て方

ポイント 春は半日陰、夏は日陰で栽培します。積雪のない寒冷地では凍結予防をします。肥料はリン酸系を多めに施しましょう。
水やり春先〜落葉までは表土が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。休眠期はほとんど水はやらなくて大丈夫です、やりすぎると球根が腐る原因になります。球根を掘り上げて、凍らない程度の冷暗所で保管するのも良いでしょう。
肥料球根を太らせるためには肥培が大切になります。春に油かすなどの有機肥料をやりましょう。植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を入れて置くのもよいでしょう。
用土水はけの良い用土を使用して植えましょう。おすすめは鹿沼土、火山レキなど水はけの良い土に赤玉土、ピートモスなどを混ぜ込んで植えましょう。