商品詳細

「水擬宝珠(ミズギボウシ)」は、中部以西の低地の湿地に生える、淡い紫色の花を咲かせるギボウシです。「小葉擬宝珠(コバギボウシ)」に似ていますが、より葉が細長いことから、別名を「長葉水擬宝珠(ナガバミズギボウシ)」ともいいます。「黄覆輪水擬宝珠(キフクリンミズギボウシ)」は、線状皮針形(へら状)の葉に黄色い覆輪が入る美しい品種です。

商品詳細

学名Hosta longissima var. brevifolia
分類ユリ科ギボウシ属
開花期8〜10月
高さ40〜70�
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
開花
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 丈夫で育てやすい植物です。日向〜日陰まで場所を選ばず植えられますが、夏場は葉が焼けますので遮光して育てるほうが葉が綺麗に仕上がります。
水やり露地植えの場合には雨の振らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。
肥料春に化成肥料か有機肥料を置き肥し、春から初夏ごろまで山野草用に薄めた液肥を1週間〜10日に一度やりましょう。
用土用土は特に選びません。鉢植えの場合は水はけ良く、火山レキ、鹿沼土、富士砂などを混ぜて使用すると良いでしょう。