商品詳細

「黒花狼牙(くろばなろうげ)」は夏に赤銅色の花を咲かせるバラ科の多年草で、目立つのは星形のがく片で、小さな副がく片と花弁があります。日向を好み、長い茎が地面を這って伸びるので、広い場所に植えるのにおすすめです。中部地方以北〜北海道の湿原に自生します。

商品詳細

学名Comarum palustre
分類バラ科クロバナロウゲ属
開花期6〜7月
高さ20〜70cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜葉が成長
開花
葉が枯れ始める
休眠(地上部あり)

育て方

ポイント 大変育てやすい植物です。植える場所は一年通して日当たりのよい場所がおすすめです。草丈が高くなるので庭植え向きですが、うねる茎をわざと垂らして深鉢に植えてもおもしろいかもしれません。
水やり水は好みますので表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。水枯れすると下葉が枯れ落ちてきますので夏場の水枯れには気をつけましょう。
肥料春に化成肥料などを置き肥しましょう。
用土丈夫な植物ですので特に選びません。おすすめは、鹿沼土や火山レキなど水はけの良い用土。