商品詳細

「千島柳(チシマヤナギ)」は春先にふわふわとした銀穂の花を咲かせるヤナギの仲間で、芽だし時には葉にも軟毛が目立ちます。丈が伸びず、地を這うように成長するので、盆栽にも適しています。千島半島の岩場や砂レキ地に生えると言われています。

商品詳細

学名Salix aquilonia
分類ヤナギ科ヤナギ属
開花期3〜4月
高さ這い性(10〜20cm程度)
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜新芽が出る
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(落葉し枝が残る)

育て方

ポイント 栽培は容易です。増やし方は挿し木でよく増えます。
水やり露地植えの場合、根付いてからは雨の降らない日が続くような時以外は必要ありません。鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。夏場は乾きやすいので、水枯れに注意しましょう。休眠期は控えめにしますが、鉢内が乾ききらないように注意しましょう。
肥料あまり必要ありません。やる場合には、春に化成肥料や油かすなどを置き肥します。
用土用土は特に選びませんが、鉢植えの場合には市販の山野草用土や鹿沼土・赤玉土の混合用土などが向きます。