商品詳細

「黄花駒爪(きばなのこまのつめ)」は北海道、本州、四国、屋久島、北半球の高山や寒冷地の山地〜亜高山のやや湿った場所に生えるスミレで、葉は丸く馬の蹄の形をしていることからコマノツメと名づけられました。タカネスミレに似ますが、葉にわずかに毛が生えることや、薄く光沢がない点などに違いがあります。タカネスミレはレキ地に生え、キバナノコマノツメは樹林下に生える点なども違います。

商品詳細

学名Viola biflora
分類スミレ科スミレ属
開花期6〜7月
高さ5〜15cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花〜生長期
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 春先は日に当て、夏場は風通しの良い半日陰〜日陰で栽培します。
水やり表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。
肥料春に一度山野草用の化成肥料をやりましょう
用土鹿沼土や火山レキなど水はけの良い用土がおすすめです。