商品詳細

「蛸の足(タコノアシ)」は、一度聞いたら忘れないユニークな名前の植物で、その名の通り小さな吸盤が集まったような総状花序を咲かせ、晩秋には紅葉して一層ゆでだこの足のような姿になります。
日本のほか東アジア一帯に分布し、河川下流域や河口域の湿地や沼、休耕田など、湿った場所に自生しています。

商品詳細

学名Penthorum chinense
分類タコノアシ科タコノアシ属
開花期8〜10月
高さ30〜80cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
成長〜開花
開花〜紅葉〜葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 日当たりは好みますので良く日に当て、用土は乾かぬよう水もち良く植えるのがポイントです。腰水栽培もおすすめです。
水やり水枯れしないよう注意しましょう。春〜夏は毎日、冬の休眠期には3〜4日に一度はたっぷりとやりましょう。腰水栽培にしておくと安心です。
肥料あまり必要としません。
用土水もちの良い用土で植えます。赤玉土単用や、赤玉土・鹿沼土の混合用土などがおすすめです。