商品詳細

「丸葉の木(マルバノキ)」はその名の通り丸い葉が特徴的な落葉低木です。葉の姿はカツラにも似て紅葉も美しいことから、シンボルツリーとして庭木に利用されます。秋になると、ユニークな形の暗赤色の花を2つずつ背中合わせに咲かせます。「利休七選花」の一つでもあり、茶花として利用されます。本州(中部、近畿、広島県)に自生する日本固有種です。

商品詳細

学名Disanthus cercidifolius
分類マンサク科マルバノキ属
開花期10〜11月(苗のため、開花までは何年かかかります)
高さ成長時:2〜4m お届け時:30〜40cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜葉が成長
葉が茂っている状態
開花(大きく成長したら開花します)紅葉〜落葉
休眠(落葉して、枝が残る)

育て方

ポイント 育てやすく丈夫な植物です。日向〜半日陰に向きます。樹形は整いやすく、剪定などの手間のかからない木ですので、混みあって風通しが悪くなってきたら切る程度で十分です。
水やり露地植えの場合には根付いてからは雨の降らない日が続くとき以外は特に必要ありませんが、鉢植えの場合には、夏場の水枯れに注意しましょう。冬場は休眠しますので、控えめにやりますが、鉢内が乾ききらないように水やりして下さい。
肥料肥料はあまり多くなくても良く育ちます。やる場合には春か秋に有機肥料を置き肥してください。
用土用土はあまり選びません。露地植えの場合には水はけ良くするために腐葉土などをたくさん混ぜ込みましょう。鉢植えの場合は水はけ良く、赤玉土、腐葉土を混合した用土などがおすすめです。