商品詳細

サルビア・ヌタンスは、一般的にイメージするサルビアとはちょっと違ったユニークな姿の原種サルビアで、1m程に大きく成長し、花穂はトラノオの様に垂れ下がる形となって咲きます。
東欧諸国(バルカン半島、ハンガリー、ルーマニア)〜シベリアを含むロシア南西部原産

商品詳細

学名Salvia nutans
分類シソ科アキギリ(サルビア)属
開花期6〜8月(切り戻すと次々花穂が上がり長い期間楽しめます)
高さ80〜100cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
開花
切り戻し〜開花
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 日当たりの良い場所に植えてください。暖地では夏場は半日陰になるような場所が適しています。開花が終わったら一度3分の1程度の高さに切り戻しを行うことで、長く花を楽しむことが出来ます。株分けや実生で増やしましょう。
水やり露地植えの場合、根付いてからは雨が降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春に1度化成肥料を置き肥しましょう。
用土用土は特に選びません。鉢植えの場合には赤玉土など水もちの良い用土を使用するのがおすすめです。