商品詳細

日本固有の落葉高木で、プリーツ状に葉脈が並んだ小さな葉がかわいらしく、昔から雑木盆栽に好まれます。「金四手(かなしで)」は、盆栽に用いられる時の通称で和名は「熊四手(クマシデ)」といいます。大きく成長するとホップのような形をした花穂をつけます。秋になると、黄色〜オレンジ色に黄葉します。本州(岩手県以南)、四国、九州に自生します。

商品詳細

学名Carpinus japonica
分類カバノキ科クマシデ属
開花期4〜5月4〜5月成長時:〜15m
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
葉が茂っている状態
紅葉〜葉が枯れ始める
休眠(落葉して、枝が残る)

育て方

ポイント 栽培しやすい植物です。日向〜日陰、場所を選ばず植えられます。
水やり露地植えの場合、根付いてからは雨が降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料あまり必要としません。
用土特に選びません。腐葉土などを良く混ぜて植えると良いでしょう。