商品詳細

北海道、本州(中部、北部)、東北アジアの高山に生える常緑小低木で、へら型、革質の葉を密につけて地面を這うように増えます。花は梅の花に似ていて、それが和名の由来になっています。秋の紅葉も美しいです。別名・フキヅメソウ、スケロクイチヤク

商品詳細

学名Diapesia lapponica ssp. obovata
分類イワウメ科イワウメ属
開花期5〜6月
高さ1〜3cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜成長
葉が茂っている状態
葉が繁っている状態〜紅葉
休眠(常緑)

育て方

ポイント春先はよく日に当て、暖地では夏場は少し遮光して風通しの良い場所で育てるようにします。
水やり春、秋は表土が乾いたらたっぷりとやりましょう(1日1回程度)。夏場はやや乾燥気味にやります。休眠期には鉢内が乾ききらない程度の水やりをしましょう。
肥料春と秋に液肥を施しましょう。1000〜2000倍程度に薄めた液肥を1週間〜10日に一度やります。夏場は肥料はやらないようにしましょう。
用土水はけの良い用土を使用して植えてください。おすすめは鹿沼土小粒単用か、火山レキ単用です。