商品詳細

北海道〜九州の山地の林内に生えます。「一人静(ひとりしずか)」の名の由来は、葉の上に花が一輪咲くことから、源義経の愛妾、静御前の舞姿にたとえたもの。花被がなく、長い雄しべがつきだして咲くので花穂はブラシのように見えます。別名・マユハケソウ

商品詳細

学名Chloranthus japonicus
分類センリョウ科チャラン属
開花期4〜5月
高さ15〜30cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花〜葉が展開
葉が茂っている状態〜葉が枯れ始める
休眠中(植え替え時期)
休眠中(植え替え時期)

育て方

ポイント大変育てやすい植物です。日向に置くと夏場葉が痛みますので、半日陰〜日陰で育ててください。
水やり露地植えの場合、雨が降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春先に化成肥料や油かすなどの有機肥料を置き肥しましょう。
用土露地植えの場合には水はけ良くするために腐葉土や火山レキなどをたくさん混ぜ込みましょう。鉢植えの場合は水はけ良く、火山レキ(鹿沼土など水はけ良い用土)を主体に、赤玉土、腐葉土を混合した用土などがおすすめです。

みんなの育て方のコツ

育て方のコツ 地域:岡山市(岡山県) 名前:クサ野郎さん
育てるのは簡単なほうで、鉢植えで植え替えを定期的にする場合は赤玉土と腐葉土を混ぜた土でも充分だと思います。
ただし、鉢はあまり小さいと根の量が増えずなかなか開花しないので使う鉢は大きめのものが良いでしょう。
私の場合は庭植えで育てています。
植えつける場所に腐葉土をたっぷり混ぜてひどく乾燥したときだけ水を与えています。
植え替えはしていませんが、毎年開花し、芽も増えています。

育て方のコツ 地域:札幌市(北海道) 名前:ピヨコさん
塀の陰になって一日を通して日陰になる場所に植えています。
手がかからなくて、特に肥料もやっていないのですが、大株に育ってくれました。植え付け用土には腐葉土を混ぜて植えています。水やりは、日照りが続くときにたまにやっています。