商品詳細

「チョウノスケソウ」という名前は須川長之助氏が採取したことにちなんでつけられました。高山のれき地や岩場に生える常緑小低木です。葉脈がでこぼことして厚い葉が特徴的で、初夏に白い花を咲かせます。暖地でも育てやすい高山植物のひとつです。

商品詳細

学名Dryas octopetala var. asiatica
分類バラ科チョウノスケ属
開花期5〜6月
高さ5〜10cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花
葉が茂っている状態
葉が茂っている状態〜落葉し始める
休眠中(落葉した状態)

育て方

ポイント株が大きくなってくると中の枝が抜けて幹がむき出しになってきます。もしまんべんなく葉を繁らせたい場合には、枝先を摘み、わき芽を出してやると良いです。
水やり春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春先化成肥料か油かすなどの有機肥料を置き肥しましょう。1000〜2000倍に薄めた液肥を10日〜1週間に一度やりましょう。夏場は肥料はやらないようにしましょう。
用土鹿沼土、火山れき、日向砂など、水はけのよい用土を用います。