商品詳細

カトレアのような美しい花を咲かせるランの仲間で、耐寒性があり、積雪の多い地域ではひと工夫すれば戸外で越冬できる山野草です。園芸交配種で、P.pleionoides×P.bulbocodioides花色は濃赤紫です。

商品詳細

学名Pleione Tongariro
分類ラン科タイリントキソウ属
開花期4〜5月
高さ10〜15
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜葉が出てくる〜成長
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(球根)

育て方

ポイント春先は良く日のあたる場所に置き、夏場は半日陰で育てましょう。寒冷地の冬越しは、凍結予防に用土や落ち葉などを厚くかけて球根を保護するか、球根を掘り上げ、凍らない冷暗所で保存しておきます。植え付け時は球根を半分くらい出して植えましょう。
水やり表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。夏場から秋にかけてはやや控えめにやりましょう。休眠期はごく控えめで、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料花後に化成肥料か有機肥料を置き肥し、春から初夏ごろまで山野草用に薄めた液肥を1週間〜10日に一度やりましょう。
用土鉢植えの場合には、ミズゴケ単用や、鹿沼土細粒に水ゴケ粉を混合した用土、露地植えでは腐葉土、ピートモスなどに火山レキ(または鹿沼土など水はけの良い用土)などがおすすめです。