商品詳細

「虫取スミレ」は紫色のスミレのような花を咲かせることからその名がつけられた食虫植物です。黄緑色の葉は少し粘り気があり、小さな虫が葉について消化されます。北海道〜四国の高山の湿原に分布します。
※2枚目は開花時の苗の参考画像です。
※3枚目は休眠期の苗の参考画像です。小さな冬芽になっています。

商品詳細

学名Pinguicula macroceras
分類タヌキモ科ムシトリスミレ属
開花期5〜6月
高さ5〜15cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、 苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長〜開花
葉が繁っている状態
葉が枯れ始める
休眠(冬芽)

育て方

ポイント夏場は涼しく、風通しのよい半日陰で栽培してください。冬は越冬芽をつくり越冬します。寒冷地の冬管理は雪の下になるような場所では特に気にしませんが、雪の少ない地域では凍結予防をしてください。実生で増やすことができます。
水やり水は好みますので、鉢植えの場合には腰水にして栽培すると水の管理がしやすいです。
肥料肥料はあまり必要としません。春に1000倍程度に薄めた液肥を1週間〜2週間に一度程度施しましょう。
用土ミズゴケ単用、または水はけの良い用土を使用して下さい。