商品詳細

モウセンゴケは日本に自生する有名な食虫直物です。トウカイモウセンゴケは東海地方以南に自生するモウセンゴケの仲間で、コモウセンゴケとモウセンゴケの自然交雑種です。
初夏に咲かせる桜色の小さな花も可愛らしいです。

商品詳細

学名Drosera tokaiensis
分類モウセンゴケ科モウセンゴケ属
開花期6月
高さ10〜15cm
耐寒性冬場は凍らない程度の場所で越冬させてください。
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態について こちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすること をご了承の上お買い求め下さい。
成長
開花〜葉が茂っている状態
葉が茂っている状態
休眠中(地上部あり)

育て方

ポイント日当たりと水もち良く栽培します。冬芽は作らず、冬を越しますので、冬は凍らない程度の場所または軽い凍結程度の場所で管理しましょう。室内栽培の場合には金魚鉢などに浅い腰水で鉢を入れておくとよく育ちます。窓辺などでよく日を当てて育てます。
水やり水は好みます。腰水で育てるか、こまめに水やりしましょう。
肥料不要です
用土水ゴケ単用か、鹿沼土細粒などがおすすめです。