商品詳細

「トバタアヤメ」は北九州市の戸畑地区に自生していたエヒメアヤメの変種で、小型で葉よりも低い位置で開花します。昔は戸畑地区ではよく見られたそうですが、一時は開発などで姿が見られなくなり、幻の花とされましたが、1958年に地元農家で再発見され現在は地元で大切に増やされています。

商品詳細

学名Iris sanguinea var. tobataensis
分類アヤメ科アヤメ属
開花期6月
高さ10〜30cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

育て方

ポイント日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。暖地では夏場は半日陰になる場所で育てます。株分けで増えますが、あまり小分けにしないようにしましょう。
水やり露地植えの場合は雨の降らない日が続くようならやる程度で大丈夫です。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。多少の乾燥には耐えます。休眠期には鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春先に化成肥料か油かすなどの有機肥料を置き肥します。
用土水はけの良い用土を使用して植えてください。おすすめは火山レキなどの排水の良い土に赤玉土を3割程度混ぜます。
春芽だし〜葉が展開 夏開花〜葉が茂っている状態 秋葉が枯れ始める 冬休眠

育て方

ポイント日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。暖地では夏場は半日陰になる場所で育てます。株分けで増えますが、あまり小分けにしないようにしましょう。
水やり露地植えの場合は雨の降らない日が続くようならやる程度で大丈夫です。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。多少の乾燥には耐えます。休眠期には鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春先に化成肥料か油かすなどの有機肥料を置き肥します。
用土水はけの良い用土を使用して植えてください。おすすめは火山レキなどの排水の良い土に赤玉土を3割程度混ぜます。