商品詳細

「河原撫子(カワラナデシコ)」は、細くふぎれた花弁が印象的な日本の山地や草原に生えるナデシコの花で、秋の七草のひとつです。日本の本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾に分布します。別名「やまとなでしこ」、「なでしこ」

商品詳細

学名Dianthus superbus var. longicalycinus
分類ナデシコ科ナデシコ属
開花期6〜10月
高さ30〜100cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、 逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長〜開花(咲き終わった花茎は切り戻すと次々開花します)
成長〜開花(咲き終わった花茎は切り戻すと次々開花します)
開花(夏に切り戻しておくと秋にも開花します)〜葉が枯れ始める
休眠(常緑)

育て方

ポイント栽培はしやすい植物です。日向の風通しの良い場所で育てましょう。鉢栽培の場合には、草丈が伸びてくると倒れて格好が悪くなってくるので初夏に一度切り戻しを行うとコンパクトで姿良く育ちます。
水やり露地植えの場合には、雨の降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。
肥料春と秋に置き肥します。
用土水はけの良い用土を使用して植えると病気も出づらく良いでしょう。