商品詳細

「紅葉笠(もみじがさ)」という名前は、モミジのように切れ込んだ葉の形状から名づけられた名前で、東北地方では「シドケ」「シドキ」などと呼ばれて山菜として利用されます。花は白く目立たないのですが、葉の形が美しいので、シェードガーデンなどにも良く合います。

商品詳細

学名Parasencio delphiniifolius
分類キク科コウモリソウ属
開花期8〜9月
高さ60〜90cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし(収穫時期)〜成長
開花
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

収穫のポイント春の芽だし時の葉が開ききる前の若芽を折り取ります。塩を入れたお湯で茹でて水にさらし、おひたしや和え物、酢味噌和えなどにしていただきます。独特の苦味がクセになる味です。苦味が苦手な方は、生のまま衣をつけて天ぷらにしてどうぞ。保存時は塩漬けにします。
ポイント春先は日が当たり、夏場〜秋にかけては半日陰〜日陰を好みます。落葉樹などの下に植えるとちょうど良いです。植え付けの用土は特に気にしませんが、腐葉土などをたくさん混ぜ込んでやると良いでしょう。
注意点芽を出したばかりのモミジガサは少しトリカブトに似ています。庭に植える菜には間違えないように近くに植えないようにしてください。
用土特に選びません