商品詳細

春を代表する山菜で、新芽は「タランボ」「タラノメ」などと呼ばれ親しまれています。名前の由来は、元々は「太郎の木」と呼ばれていたらしく、それが転訛されて「タラノキ」と呼ばれるようになったと言われています。ミネラル・カロテン・タラリン

商品詳細

学名Aralia elata
分類ウコギ科タラノキ属
開花期6〜7月
高さお届け時:10〜15cm 成長時:〜4m
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし(収穫時期)〜成長
葉の茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(葉が枯れ枝が残る)

育て方

収穫のポイント春に新芽を収穫します。枝の先端につく1番目の芽と、脇につく2番目の芽を収穫します。あまり沢山収穫してしまうと、次の芽が出ず、成長できなくなりますので、採り過ぎには注意してください。木が大きくなったら、休眠している枝を切って、5〜10cm間隔で切り、水の入ったバケツや、オガクズなどに挿し、暖かい場所で1ケ月ほどすると新芽が出てきて沢山の収穫が期待できます(ふかし促成栽培)。衣をつけて揚げれば、春の香りいっぱいの天ぷらになります。
ポイント耐寒性・耐暑性ともに強く、栽培しやすい植物です。一年を通して日向で行うと成長が良くなります。大きくなるので露地植え栽培が向きますが、鉢植えやプランターでも栽培できます。殖やし方は、根伏せ、株分けなど。挿し木ではあまり発根しません。肥料はとても好みますので、春先と花後に1回ずつ、有機肥料を施しましょう。
注意点木にはトゲがあるので、収穫時に手を傷つけないように気をつけましょう。食用には全部芽をとってしまわずに、頂芽だけ収穫すれば丈夫に育ち、毎年収穫できます。枝数が増えてきた場合には太い枝を残して細い枝を切り取ってしまった方が大きな芽が出ます。
用土あまり選びません。鉢植えの場合、黒土や赤玉土などがおすすめです。