商品詳細

商品名 【山菜】ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)
型番 sansai018
販売価格

540円(税込)

水分の多い谷地に生え、葉がフキに似ていることから「谷地ブキ」と呼ばれています。和名の「リュウキンカ」は春の渓流の花として親しまれています。含まれる成分はポリフェノールで、独特の苦味があります。

商品詳細

学名Calthapalustris palistris
分類キンポウゲ科リュウキンカ属
開花期4〜6月
高さ20〜40cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし(収穫時期)〜開花〜成長
葉の茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

収穫のポイント春の芽だし〜開花頃に葉・茎を収穫して食べます。油炒めにしてしょう油・ごま油などで味付けすると美味しい。ベーコンなどと炒めても。また、茹でてお浸しなどにも出来ますが、葉が成長してくると苦味が増すので早春に食べるのがおすすめです。
ポイント置き場所は春先日が当たり、夏場〜秋は半日陰〜日陰になるような落葉樹の下などが適しています。湿地や沢に自生しているので、栽培は露地植えよりも鉢栽培に向きます。水はけの良い用土(火山レキ・鹿沼土など)を主体に、赤玉土・腐葉土などを混ぜるのがおすすめです。腰水にして育てると水もちよく育てられます。
注意点葉を収穫する際には株の栽培のために全て収穫せずに、株が増えてから食べるようにしましょう。
用土水はけの良い用土を好みますので、鹿沼土や火山レキを主体に植えると良いでしょう。