商品詳細

「黒花引起(くろばなひきおこし)」は夏から秋にかけて、暗紫色の小さな花をたくさんつけるシソ科の多年草で、名前はヒキオコシに似ていて黒い花を咲かせることから。北海道〜本州の日本海側に分布します。

商品詳細

学名Isodon trichocarpus
分類シソ科ヤマハッカ属
開花期8〜9月
高さ50〜150cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
葉が茂っている状態
開花〜葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント栽培は容易です。植える場所は、春先良く日が当たり夏場は半日陰になるような落葉樹の下などが適しています。鉢植えの場合には夏場の強い日差しがあたらない場所で管理しましょう。
水やり露地植えの場合、雨が降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料春に1度化成肥料を置き肥しましょう。
用土用土は特に選びません。鉢植えの場合には赤玉土など水もちの良い用土を使用するのがおすすめです。