商品詳細

「紅輪花(こうりんか)」は、夏〜秋にかけて、大きく反り返ったオレンジ色の花を咲かせるキク科の多年草です。本州の山地や草原に自生します。日を浴びてすっくと立ち上がる花の姿が印象的な山野草。庭植え、鉢植えや、茶花などに適しています。
※2枚目は春の芽だしの参考写真です。

商品詳細

学名Tephroseris flammea glabrifolia (Senecio flammeus glabrifolius)
分類キク科コウリンカ属
開花期7〜9月
高さ50〜60cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし
開花
葉が枯れ始める(新芽が出来る)
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 日向を好みます。乾燥した場所に生えますので、水はけの良い用土を使用して植えてください。花後に株の脇に来年の新芽が出来ますので、新芽がつくように毎年肥培しましょう。
水やり春、秋は表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。夏場はやや乾燥気味にやります。休眠期には鉢内が乾ききらない程度の水やりをしましょう。
肥料春に化成肥料か油かすなどの有機肥料をやりましょう。
用土水はけの良い用土を好みます。鹿沼土や火山レキ、富士砂など、水はけの良い用土を主体に植え込んでください。