商品詳細

カキランは、北海道〜九州の湿地に自生するランの仲間で、柿色の花を咲かせることから、柿蘭という名前がつけられました。唇弁はピンクがかります。

商品詳細

学名Epipactis thunbergii
分類ラン科カキラン属
開花期6〜7月
高さ30〜70cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜生長期
開花
葉が枯れ始める
休眠(地上部なし)

育て方

ポイント 基本的に日当たりを好みます。夏場は午前中の日が当たり、西日が当たらないような明るい木陰などが最適です。
水やり春先〜花後までは表土が乾いたらたっぷりとやります。地上部が枯れて休眠したら、鉢内が乾ききらない程度の水やりをしましょう。
肥料花後に油かすなどの有機肥料を置き肥し、山野草用に薄めた液肥を1週間〜10日おきにやりましょう。夏場は肥料はやらないようにし、秋口にまた液肥をやりましょう。
用土用土はあまり選びません。鉢植えの場合、鹿沼土などの水はけの良い用土を主体に、赤玉土やベラボンなどを混ぜ込んで植えるのがおすすめです。または市販のエビネ用土。