商品詳細

樺太イバラは、夏にピンク〜マゼンタ色の一重の花を咲かせる原種のバラです。オオタカネバラに似ますが、カラフトイバラの枝は紅紫色で、葉の付け根や節に細いトゲがつきます。小葉は7〜9枚。北海道〜本州(長野県・群馬県)、朝鮮半島、サハリンに分布します。実はローズヒップとして利用できます。

商品詳細

学名Rosa marretii
分類バラ科バラ属
開花期6〜7月
高さ成長時:60〜200cm お届け時:30〜50cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜葉が成長
開花
葉が枯れ始める
休眠(落葉して、枝が残る)

育て方

ポイント育てやすい原種バラです。一年を通して日当たりの良い場所で栽培してください。バラの仲間では病害虫にかかりにくい方ですが、春〜夏にかけてアブラムシやハダニがでる事がありますので殺虫剤を使って防除します。剪定する場合には、冬に、花が咲いた古い枝を落とし、新しく伸びた枝を残すように剪定します。増やし方は、実生、挿し木や、根際に出るシュートの株分けなどが出来ます。
水やり露地植えの場合には根付いてからは雨の降らない日が続くとき以外は特に必要ありませんが、鉢植えの場合には、夏場の水枯れに注意しましょう。冬場は休眠しますので、控えめにやりますが、鉢内が乾ききらないように水やりして下さい。
肥料肥料はあまり多くなくても良く育ちます。春と秋に有機肥料を置き肥してください。
用土用土はあまり選ばずに植えられます。露地植えの場合のおすすめ用土は、植え込む用土に砂質土を混ぜてやると水はけ良く、生長が良くなります。鉢植えの場合には火山レキや鹿沼土などの水はけの良い用土に腐葉土などを2割程度混ぜた用土がおすすめです。