商品詳細

ツルウメモドキは、他の木や草にまきつきながら成長するつる性木本で、秋につく果実は黄色で、果実が割れて中から真っ赤な仮種皮に覆われた種子が出てくると赤と黄の色合いが大変美しく、秋のドライフラワーや、花材として重宝されます。蔓を編んでカゴ作りなどにも利用されます。
こちらは曙斑タイプですので、実のない時期もカラーリーフとして楽しめます。
雌雄異株。こちらは雌株です。

商品詳細

学名Celastrus orbiculatus
分類ニシキギ科ツルウメモドキ属
開花期花:5〜6月 実:10〜11月
高さ成長時:2〜3m お届け時:10〜15cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜成長
開花
実(成木になってから)
休眠(落葉したツルが残る)

育て方

ポイント 栽培しやすい植物です。花材としての利用は、果実が黄緑色に変わった頃に刈り取ります。刈り取って数日で外側の皮が弾け中の赤い実が顔を出します。
水やり露地植えの場合、根付いてからは雨が降らない日が続く時以外は特に必要ありません。鉢植えの場合、表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。小品盆栽として仕立てる場合には、水枯れに特に注意が必要です。
肥料成長期(春、秋)に置き肥します。
用土あまり選びませんが、水はけと肥料持ちの良い用土が適しています。鉢植えの場合、赤玉土・桐生砂混合用土など