商品詳細

ドイツスズランは、春に鈴のような白い花を数輪咲かせる多年草で、日本のスズランよりも大型で花付きが良く、香りも強いのが特徴です。シェードガーデンや鉢植えにすると素敵です。花後のオレンジ色の実もかわいらしい。別名「西洋スズラン」

商品詳細

学名Convallaria majalis var. majalis
分類ユリ科スズラン属
開花期4〜6月
高さ10〜20cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(植え替え適期)

育て方

ポイント 栽培しやすい花です。夏場は強い日差しのあたらない場所で管理した方が葉も綺麗な状態で楽しめます。葉や実には毒性がありますので、口にしないようお気をつけ下さい。
株で良く増えますので、増えてきたら株分けで増やせます。地上部の葉が枯れたら、掘り起こして株分けしましょう。
水やり露地植えの場合には、根付いてからは、雨の降らない日が続く時以外には特に必要ありません。鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。
肥料あまりやらなくても元気に育ちますが、きちんと肥培することで花付きも良くなりますので、花後に肥料を施しましょう。
用土あまり選びませんが、水はけと肥料持ちの良い用土(黒土に腐葉土や赤玉土などを混ぜたものなど)が適しています。