商品詳細

「蜆花(しじみばな)」は、春にほんわかとした丸い形の八重咲きの花を咲かせる落葉低木です。中国から渡来し、庭木などとして日本でも古くから親しまれています。花の中央がくぼむことから「エクボバナ」、爆(は)ぜた米に由来する「ハゼバナ」などの別名もあり、日本人に身近に親しまれて来た事がうかがえます。
育てやすく、庭木や花材、小品盆栽仕立てなどがおすすめです。

商品詳細

学名Spiraea prunifolia
分類バラ科シモツケ属
開花期4〜5月
高さ成木:1〜2m程度 お届け時:15〜30cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜成長期
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠(落葉し、枝が残る)

育て方

ポイント とても丈夫で育てやすい植物です。日向(〜半日陰)を好みます。地際からたくさんの枝が出ますので、自然にこんもりとした樹形になります。株が混み合ってきた時は風通しが良くなるように枝を間引きます。強剪定も可能。
水やり水は好みますので表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。水枯れすると下葉が枯れ落ちてきますので夏場の水枯れには気をつけましょう。
肥料春と秋に化成肥料か油かすなどの有機肥料を置き肥しましょう。
用土露地植えの場合には特に選びません。鉢植えの場合には、火山レキや鹿沼土など水はけの良い用土を混ぜましょう。