商品詳細

「日向水木(ヒュウガミズキ)」は早春に葉に先駆けて黄色い花を咲かせる落葉低木です。福井県、京都府、兵庫県の北部の岩場に自生します。トサミズキと似ていますが、ヒュウガミズキの方が小ぶりな樹形になり、扱いやすい樹種です。別名・「姫水木(ヒメミズキ)」
育てやすく、庭木や鉢植え、茶花や生け花にもおすすめです。

商品詳細

学名Corylopsis pauciflora
分類マンサク科トサミズキ属
開花期3〜4月
高さお届け時:20〜30cm 成長時:〜2m
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜葉が展開
葉が茂っている状態
葉が茂っている状態
休眠(落葉して、枝が残る)

育て方

ポイント 日当たり(〜半日陰)を好みます。耐寒性・耐暑性ともに強く栽培しやすい植物ですが、早春に開花するので凍結の厳しい寒冷地では冬場は保護してください。剪定はしなくても良い種類ですが、強い剪定にも耐えますので、枝が込み合った場合や生け垣にする場合など、思い切って切っても大丈夫です。
水やり露地植えの場合、根付いてからは雨が降らない日が続く時以外は特に必要ありません。鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。
肥料特に必要ありません。やる場合には春と秋に有機肥料などを少しやりましょう。
用土用土はあまり選びません。露地植えの場合、水はけの悪い粘土質の土などの場合には、腐葉土などを混ぜ込んで植えると良いです。鉢植えの場合のおすすめは、赤玉土・鹿沼土・腐葉土の混合用土など。