商品詳細

半八重咲きの白い花びらの周りに、緑色の花びらのような形をしたがく片と総苞葉がつき、白と緑の2色咲きの花のように見えます。花が開くまでの変化も見ていて楽しい花です。ヨーロッパ原産のヤブイチゲの八重咲き品種で、半日陰を好むので、シェードガーデンなどに向きます。丈夫で良く増えます。

商品詳細

学名Anemone nemorosa ‘bractea plena’
分類キンポウゲ科イチリンソウ属
開花期4〜6月
高さ8〜15cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花
地上部が枯れ始める
休眠中
休眠中

育て方

ポイント 春先日が当たり、夏場は半日陰になるような落葉樹の下などが最適です。
水やり春先〜花後まではたっぷりとやります。地上部が枯れて休眠したら、鉢内が乾ききらない程度の水やりをしましょう。
肥料夏ごろに地上部が枯れて休眠するので、株を太らせるためには春〜地上部のあるうちの肥培が大切になります。春に油かすなどの有機肥料をやりましょう。植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を入れて置くのもよいでしょう。
用土水はけ良く植えつけましょう。露地植えの場合には腐葉土、火山レキなどを混ぜて植えつけましょう。鉢植えでは硬質鹿沼土に赤玉土を混ぜたものなどが良いでしょう。

みんなの育て方のコツ

育て方のコツ 地域:黒石市(青森県) 名前:あんときのエノキさん
木陰の腐植質に富んだ場所に地植えしてます。
芽出しの頃にマグアンプを株周りに蒔いて、軽く中耕して土の中へすき込みます。 後は乾燥がひどい時に薄い液肥(2,000倍程度)を水代わりに散布しています。
庭植えでも3〜4年に一回は株の整理が必要ですね!
株分と同時に植え付ける場所の土壌消毒(リゾレックス等)も忘れないように!
株分・植付は10月ぐらいに行っています。
遅くなると土中で花芽が伸び出してきて、植えつけるのに手間がかかるからです。 夏になり葉が無くなれば多少雑草に隠れてもほとんど放置してます。