商品詳細

山芍薬は、日本の北海道〜九州の山地の林内に生える多年草です。春先に大きな白い花びらの中に黄色の雄しべと赤い雌しべの色が浮き立つエレガントな花を咲かせます。上品でお茶花などによく使われる花です。
根には、ペオノフロリン、ペオノール、安息香酸などを含み、薬草としても利用されます。アイヌの人々は、ヤマシャクヤクを「オラプ(ホーラップ)」と呼び、根を煎じて熱さましや腹痛止めに利用したそうです。
耐寒性・耐暑性ともに強いので、栽培しやすい山野草です。

商品詳細

学名Paeonia japonica
分類ボタン科ボタン属
開花期4〜5月
高さ40〜50cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態についてこちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
芽だし〜開花(葉がつぼみを抱くようにして芽だしします)〜葉が展開
葉が茂っている状態
葉が枯れ始める
休眠中(地上部なし)

育て方

ポイント春先良く日が当たり、夏場半日陰になる、落葉樹の下などが最適です。大株になったら思い切って株分けをしましょう。株分けは秋に行いましょう。
水やり水は好む植物です。春先はたっぷりと、表土が乾いたら施します(1〜2日に1回程度)。夏場は、用土の乾き具合を見ながら施します。休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。
肥料しっかりと肥培することで株が大きく、花つきが良くなります。芽だし時に一度と花後に油かすなどの有機肥料を置き肥しましょう。1000〜2000倍に薄めた液肥を10日〜1週間に一度やりましょう。夏場はやらないようにしましょう。
用土露地植えの場合には水はけ良くするために腐葉土や火山レキなどをたくさん混ぜ込みましょう。鉢植えの場合は水はけ良く、火山レキ(鹿沼土など水はけ良い用土)を主体に、赤玉土、腐葉土を混合した用土などがおすすめです。

みんなの育て方のコツ

育て方のコツ 地域:岡山市(岡山県) 名前:クサ野郎さん
ヤマシャクヤクを地植えで育てています。掘り上げた庭土に腐葉土と赤玉土を混ぜて落葉樹の下に植え、ひどく乾いたときだけ水を与えています。
耐暑性はあると思います。2010年の夏の酷暑のときは地上部(葉や茎)がしおれたようになって多少弱りはしたものの、その年の秋に株分けできるほど地下部(根や芽)は成長しました。
暖地では8月の終わり〜9月のころに地上部を枯らすようです。
あと、土の目が詰まってきても根はどんどん大きくなっていくようなので、庭植えの場合は植え替えはしなくても良いように感じました。
結局何が言いたいのかというと、"暖地でもヤマシャクヤクは育てやすい"ということです。