商品詳細

「冬の花蕨(ふゆのはなわらび)」は、夏場休眠するシダの仲間で、秋にワラビのような葉を開き、冬には花穂のような胞子葉が伸びることからつけられた名です。鉢植え、シェードガーデンやお茶花として使用するとよいでしょう。

商品詳細

学名Botrychium ternatum
分類ハナヤスリ科ハナワラビ属
開花期11〜1月
高さ10〜30cm
耐寒性強い
備考※植物には個体差があり、それぞれ花つき、花色、枝ぶりなどが異なりますのでご了承ください。
※植物は商品の性質上、返品・交換は行いません。詳しくは「返品・交換について」をお読みください。

季節ごとの商品の状態

状態について こちらの商品は植物ですので、苗の状態は季節により変化いたします。それぞれの季節ごとの状態の目安は下表のようになります。
尚、こちらは目安ですので、その年の気候などによっても早く花が咲いたり、 逆に花が上がるまで時間がかかったりすることをご了承の上お買い求め下さい。
開花〜葉が伸びる
休眠(地上部なし)
休眠(地上部なし)〜開花
開花〜葉が伸びる

育て方

ポイント夏場は休眠し、秋から春にかけて生長するので、成長期は良く日が当たり、夏場木陰や他の植物の陰になるような場所が向きます。
水やり水は好みますのでたっぷりとやりましょう。夏場は休眠しますので、棚下などに置き、多湿にならないように注意して水やりします。
肥料成長期にしっかりと肥培することで、秋に花がつきます。
用土露地植えの場合特に選びません。鉢植えの場合のおすすめ用土:赤玉土・桐生砂・富士砂混合用土など。