【特集】スプリング・エフェメラル特集

だんだんと陽射しが暖かくなり、春の訪れを感じる季節になりました。
春はガーデナーにとって一番楽しみな季節、雪が溶け、一番始めに顔を出すお花を今か今かと待っている方も多いことでしょう。

今回は春の野に咲く妖精のような植物たち〜エフェメラル・プランツの特集です。

「エフェメラル」って何だろう?


エフェメラルは「蜻蛉(かげろう)」に由来します。
ギリシア語でカゲロウは「エフェメル」と言い、その命の儚さからすぐに消えてしまうもの、ほんの短い間の存在などを意味します。
スプリング・エフェメラルは早春に花を咲かせ、夏ごろまでには葉を落として、地中で夏越しするタイプの植物で、 他の植物がまだ眠っている早春に一斉に花を咲かせ、他の植物や樹木の葉が茂る頃にはもう生長を終え、 木陰の土の中で来年の春が来るのをじっと待っているのです。

私たちの身近に咲くスプリング・エフェメラルには、カタクリや、エゾエンゴサクがあり、
春の山を訪れると、一面にカタクリやエゾエンゴサクが咲き、野原を紫や青に染めるのを見ることが出来ます。


スプリング・エフェメラルの栽培方法


スプリング・エフェメラルの栽培のコツは、生長期間が短いので、葉が出ているうちの肥培が大切になります。
春の芽だしとともに有機肥料などを置き肥し、山野草用に薄めた液肥を一週間〜10日に一度やるとよいでしょう。
夏場は木陰や、草丈の高くなる植物の下などになる場所に植え、鉢植えの場合は風通しの良い棚下などに置いて管理しましょう。

スプリング・エフェメラルコレクション


カタクリ

春を代表する山野草のひとつで、日本の山野に群生する姿がよく見られます。

420円(税込)

詳しくはこちら

エゾエンゴサク

「蝦夷エンゴサク」は北海道〜本州(中部以北)、南千島、サハリンなどに分布する多年草で、 春を告げる馴染み深い山野草の一つです。群生し、春先に山の斜面をを青くする姿が良く見られます。

420円(税込)

詳しくはこちら

キタミ福寿草

福寿草は日本各地に分布し、春早くに花をつけるので、春を祝う花として昔から育てられてきました。キタミノフクジュソウは大きな花を咲かせます。

735円(税込)

詳しくはこちら

節分草

節分の頃に咲くことから「節分草」の名がつきました。白いがく片に、黄色いY字をした花弁、 中心の花粉は濃紺と、小さいながら繊細な色合いが美しい花です。

840円(税込)

詳しくはこちら

越のコバイモ

広鐘形をしたコバイモです。花色は白で、花被片の縁と内側中心に沿って突起があります。

735円(税込)

詳しくはこちら

菊咲きイチゲ

春一番に顔を出すイチゲの仲間です。花色は通常白花ですが、 淡い青〜濃青、赤紫などがでることもあります。北海道、本州(近畿地方以北)に自生します。別名・キクザキイチリンソウ

630円(税込)

詳しくはこちら

アネモネ・ブランダ・ブルーシェード

「アネモネ・ブランダ」はバルカン半島東部〜トルコに分布するイチゲの仲間で、「ブルーシェード」は春先に青紫色の美しい花を咲かせます。

420円(税込)

詳しくはこちら

アネモネ・ブランダ花色MIX

こちらは花色はMIXで、赤紫、青、白などの花が咲きます。※花色は選べません。

420円(税込)

詳しくはこちら

ヒトリシズカ

北海道〜九州の山地の林内に生えます。「一人静(ひとりしずか)」 の名の由来は、葉の上に花が一輪咲くことから、源義経の愛妾、静御前の舞姿にたとえたもの。

525円(税込)

詳しくはこちら

フタリシズカ

花は一人静のようにブラシ状にはなりません。3〜4本花穂が出ることもあります。

525円(税込)

詳しくはこちら

コリダリス・チャイナブルー

ヒマラヤ山脈の高山帯に生えることから、ヒマラヤエンゴサクとも呼ばれます。花期が長く、 4月〜6月いっぱいまで次々と花茎を上げます。「チャイナ・ブルー」は明るいスカイブルーの花色が人気の品種です。

630円(税込)

詳しくはこちら

コリダリス・パールデビット

ヒマラヤ山脈の高山帯に生えることから、ヒマラヤエンゴサクとも呼ばれます。 花期が長く、4月〜6月いっぱいまで次々と花茎を上げます。「パールデビット」は花色が紫がかります。

630円(税込)

詳しくはこちら

コリダリス・パープルリーフ

ヒマラヤ山脈の高山帯に生えることから、ヒマラヤエンゴサクとも呼ばれます。花期が長く、4月〜6月いっぱいまで次々と花茎を上げます。 「パープルリーフ」は葉の色が銅葉〜紫がかります。カラーリーフとしても楽しめます。

630円(税込)

詳しくはこちら

斑入りコリダリス・パールデビット

ヒマラヤ山脈の高山帯に生えることから、ヒマラヤエンゴサクとも呼ばれます。 斑入りタイプは、ピンク、白、緑の特徴的な葉が美しく、カラーリーフとしても楽しめます。

1,575円(税込)

詳しくはこちら

コリダリス・ジョージベーカー

1,525円(税込)

詳しくはこちら

八重咲きイチリンソウ

ヨーロッパやアジア北東部原産のヤブイチゲの八重咲き品種です。地面をはって良く増え、 花つきも良いので、グランドカバーなどに最適です。

525円(税込)

詳しくはこちら

アネモネ・ロビンソニアナ

ヨーロッパやアジア北東部原産のヤブイチゲのアネモネ・ネモローサの園芸品種で、 印象的な青藤色の品種です。根茎で増え、カーペット状に群生します。

735円(税込)

詳しくはこちら

ハルオコシ

半八重咲きの白い花びらの周りに、緑色の花びらのような形をしたがく片と総苞葉がつき、 白と緑の2色咲きの花のように見えます。花が開くまでの変化も見ていて楽しい花です。

525円(税込)

詳しくはこちら

大花エンレイソウ

北海道〜本州(北部)、東北アジアの林内に自生します。3枚の輪生した葉の上に、白い花を咲かせます。上品な姿でお茶花に用いられます。

630円(税込)

詳しくはこちら

紫花ホウチャクソウ

「紫宝鐸草(むらさきほうちゃくそう)」は中国の雲南省南部、ブータン、ミャンマー、ネパール、タイ、 ベトナムに分布するホウチャクソウの仲間で、春先に京紫色の落ち着いた花を咲かせます。シェードガーデンやお茶花に最適です。

1,050円(税込)

詳しくはこちら

バイモ

バイモは春先にクリーム色からライムグリーンの花を数輪うつむきがちに咲かせる山野草です。

420円(税込)

詳しくはこちら

美濃コバイモ

広鐘形をしたコバイモです。薄く桃色に色づきます。

1,050円(税込)

詳しくはこちら

出雲コバイモ

「出雲コバイモ(いずもこばいも)」は山陰地方特産種で、花型は傘形で花柱や花糸に微妙な小突起があります。

1,680円(税込)

詳しくはこちら

阿波コバイモ

「阿波コバイモ(あわこばいも)」は中国地方産の稀産種で、花型は広鐘形で花被片は全縁。

1,680円(税込)

詳しくはこちら

細花コバイモ

「細花コバイモ(ほそばなこばいも)」は中国〜九州産で、花型は狭鐘形をしており、花柱と花糸に小突起があります。

1,680円(税込)

詳しくはこちら

黄花カタクリ

カリフォルニア原産のエリスロニウム・トルムネンセ(E.tuolumnense)の交配種です。 日本のカタクリよりも大型で、増殖しやすく、花数も多くなります。とても育てやすい品種です

630円(税込)

詳しくはこちら

二色咲きカタクリ

花弁の先が赤紫・花弁の中心部は薄黄色で咲く中国原産のカタクリです。品種名「佐保姫」

735円(税込)

詳しくはこちら